11/8 初日のみ入場料物納制実施します!!

最近の日本を見ていて、 お金至上主義になりすぎていて、 それが様々な政治や社会腐敗、犯罪、自殺、など引き起こす 原因になっていると、資本主義から脱却していきたい、と思うようになってきました。 仕事、得意とすること、できることなどそこに優劣なく、自分ができることと、他の人ができることの対価を交換する、 昔の物々交換的な形で、暮らしていけたら、少し霊長類のひとつのヒトに戻れるのかな...などと思ってみたり。 そんな最近のうっすらとした考えをひとつ形にしてみようと。 そこで、次回 Hasu no hana企画展である 溝上幾久子銅版画展 「おおかみたちのえのものがり」 の初日 11月8日(金曜日)に限り、入場料の代わりに、生きていくに必要なものということで、”野菜” or "果物”での入場を可能にいたします。 ご入場の際には、500円か、野菜 or 果物 をご申告ください! 家庭菜園でたくさん取れた、実家からたくさん送ってきて野菜などなど。 秋のおいしい恵、お待ちしております!! https://www.hasunohana.net/ookami 溝上幾久子 銅版画展「おおかみたちのえものがたり」 ものがたり:多和田葉子 え:溝上幾久子 日程:2019年11月8日(金)〜 20日(水) 時間:月・火・土・日 11時〜18時 水・金 15時〜21時 休み:木曜日 入場料:500円 場所:品川区戸越5-8-19 ✴︎東急大井町線「戸越公園」駅より徒歩3分。 ✴︎都営浅草線「戸越」駅より徒歩10分。 「戯画としての小さな石」  多和田葉子さんに書き下ろしていただいたものがたりからイメージす

アポイント制について

倉谷卓展「アリス、眠っているのか?」19日で、通常会期を終了いたしました。 本展は、作家が撮った写真なしに、 一般家庭に残されたアルバムから、写真の扱われ方、 写真はいつ死ぬのか の考察をしたインスタレーションのため、写真界隈の方がどう反応するのか楽しみでしたが、 来て見てくださった方は、すごく面白い、考えたことなった など好意的な感想を口にしてくださる方が多く、 会期後半は、手応えを感じる展覧会となりました。 写真評論をされているタカザワケンジが、 良い「物品」に出合えるのも、それを見逃さずに作品にまで展開できるのも才能だ とtwitterに投稿してくれておりました。 そうなんです。片付けをしていたとき、私は、必死にゴミを分け、ものは、マテリアルと思い入れでできるだな、なんては考えましたが、それ以上には突っ込まず、とにかく片付け、片付けでしたが、そこに同席していた倉谷さんは自分が感じが 何か を掘りさげ、考察し、作品として問う。 本当にアーティストの方々は、すごいなと思います。 30日までアポイント制のみとなりますが、引き続きご鑑賞いただけます。フォームからお問い合わせください。

【EJIMA-SOU】レンタル開始。

【EJIMA-SOU】Hasu no hanaが運営する、古民家リノベーションEJIMA-SOUは複合施設。1F Hasu no hanaの他に、2Fレンタルスペース、同じく2F茶室(未完成)あり。 2019年12月末まで第一弾、2020年6月末まで第二弾 キャンペーン価格でレンタル可能です。駅近3分。やりたいを形に。ぜひご相談ください。

【Artist】梶浦聖子

彫刻家 梶浦聖子ドローイング展「ナーランド」出品作、ドローイングや、鋳造アクセサリーが通販でも購入可能になりました。

Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us

© 2023 by L i l o u   P a p e r i e. Proudly created with Wix.com

このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はHasu no hanaに帰属します。

                            ©Hasu no hana