Hasu no hana公募

年に一回のHasu no hana公募企画。これまでは、

サンキューアートの日(サンキューアートのひ、正式には「Thank you @RTの日」)とは、日本で毎年3月9日をアートの

記念日として、広い意味での美術関係者がアートファンに対して感謝の気持ちを示す日にしよう、とする運動。

美術家・開発好明が関係者に呼びかけ、2001年3月から開始され、Hasu no hanaは、2012年より参加しておりました。
現在サンキューアートの日は、活動が一旦おやすみとなっておりますが、Hasu no hana公募は例年通りに続けて開催することに

しました。

【募集期間】締め切りました。ご応募いただいた作家のみなさま、ありがとうございます。

2021年3月7日(日)〜14日(日) 当日消印有効 

【結果発表について】

一次審査 提出物 3月中に通過者のみメールにて連絡。

news 5/4 遅くなりましたが、審査終了しました。通過者には、5/5-6でメールご連絡いたします。その他の方は、
​ポートフォリオを返却いたしました。

二次審査 面接 通過者と個別に日時決定

三時審査 展示プラン提出 面接より3週間後

【賞】

Hasu no hana特別賞 翌年企画展を開催いたします。

Hasu no hana応援賞 受賞者が希望の場合は、半企画として、展示会開催。(半企画の場合は、ご利用料として一部だけご負担
39,000円(税込)いただきます。

​※どちらも該当者がない年もございます。

 

【募集内容】

Hasu no hanaは立ち上げ当初の2011年より企画ギャラリーとして運営しており、持ち込みなどは受けておりませんが、サンキューアートの日のサービスとして、Hasu no hana公募を始めました。この公募では幅広くアーティストを募集しております。我こそ!!という方は、ぜひご応募ください。Hasu no hanaは現代アートを中心に取り扱っているためイラストや、クラフトは受賞する確率は低いです。年齢、国籍の制限はございません。

【Hasu no hanaのギャラリースペースについて】
2018年に大田区鵜の木から品川区戸越へ移転しました。
そのため、2018年、2019年は公募は行えなかったため戸越での受賞者展は、今年が初めてになります。

上部の写真ではホワイトウォールの写真が現在のHasu no hanaの空間となります。

その他の写真は、これまでの受賞者展の様子で、鵜の木時代のギャラリーの様子になります。

ギャラリーの雰囲気がかなり異なります。

【参加費】

1,000円

右下のアイコンをクリックし、参加費をお支払い、エントリーください。エントリーは、すでに受け付けており、3/7前でも
可能です。



【提出物】

エントリー後に期間内(3/7-3/14)の間に到着するように、A4サイズのポートフォリオをお送りください。

3/14の消印は有効となります。
・作家略歴

・ステートメント

・作品画像(最低でも10点以上)映像作品の場合は、DVDをポートフォリオに添付。

・返却用の住所・名前など記載済みのレターパックライト 

※郵便局でお求めの上、必ず同封すること。同封されてない場合は、ポートフォリオは一定期間保管後、破棄いたします。

 

【参加方法】

提出物を下記住所に送付

142-0041 品川区戸越5-8-19 Hasu no hana/ Hasu no hana公募担当 福間

【主催】

Hasu o hana

 

 

これまでの受賞者

2012 矢野まり

2013 新垣美奈

2014 近藤南

         大場さやか

         平尾奈美
         マダジュンコ(推薦として)

2015 浅野暢晴

2016 該当なし
2017 中山恵美子

2018 移転のため開催なし

2019 移転のため開催なし

2020 細沼凌史
   安藤充

   西村卓

締め切りました。