この度、Gallery Hasu no hanaでは下丸子文化集団NEOのサークル誌 「試誌 下丸子 コンペイトウ」の出版記念として展覧会を開催いたします。

下丸子文化集団NEOは、大田区・鵜の木に所在するGallery Hasu no hanaを通じ、アーティスト、編集者、美術評論家、パフォーマーなど表現に携わる人びとで構成され、隣町である下丸子を中心に1951年~59年まで活動をしていた下丸子文化集団の系譜をたどる形で、2016年に発足いたしました。

 

1950年代という時代は、労働者のサークル運動が盛んであり、町工場ではたらく若者達が詩を書き、仲間と歌をうたい、芝居を自主制作したりしていました。その数は、東京南部地域だけでも200を超え、全国的には8000のサークルがあったそうですが、現在では研究者はいるものの、地域の人や町の記憶から忘却されつつあります。

その理由として、活動自体消費的な運動であったことや、この時代のサークル運動を考えるとき、時代的背景により「政治」を抜きに文脈づけることが困難であり、長い事検討されてこなかったことが上げられます。

下丸子文化集団もそういったサークルの1つですが、地域的な特徴(下丸子は米軍管理下の軍事工場があった)の他に、解散後もそれぞれの中で活動の意味は探られており、主要なメンバーが再び集まり、1990年代に文学誌を再び創刊するなど稀有な存在であり、時代を超えて、なお私たちを刺激するものがあります。

 

下丸子文化集団NEOは下丸子文化集団に触れたことをきっかけに、当時の印刷技法と同じガリ版を使い、様々な視点から派生した内容を寄稿したサークル誌を作り、1950年代のサークル運動における産物を「文学」とも「社会運動」とも異なる別の輪郭を浮かび上がらせることを試みます。

 

下丸子文化集団NEO 
島本脩二(編集者)/武居利史(美術評論家)/中村惠一(郵藝家)/福留麻里(ダンサー)/フクマカズエ(ギャラリスト)/
松本力(絵かき、映像・アニメーション作家)/三田健志(美術家) l ゲスト:大内晋次

 

 

 

下丸子文化集団NEO

試誌 下丸子『コンペイトウ』

 

 

会期:2016年6日25日(土)~ 7月2日(土)

時間:月・火・土・日 12:00~18:00

   水・金     15:00〜22:00 

 

2016/11/1〜12までのアーカイブタームにて、この展覧会の背景にある復刻版 詩集 下丸子 の資料を閲覧できるようにしています。

© 2023 by L i l o u   P a p e r i e. Proudly created with Wix.com

このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はHasu no hanaに帰属します。

                            ©Hasu no hana