IMG_20160329_122428_edited.jpeg
参加者が作った野の花ブーケ
アカツメ草のアレンジメント
参加者作:好きな器に活ける。
摘んでいる様子
ワークショップ風景

 

講師:中村美之(adef主宰)

”つみくさ”ワークショップ

 

【講座料】5,400円

※お昼を挟みます。お弁当持参か

+800円でランチをご提供します。

 

【日程】2016年

4月30日(土)18:30〜20:30 〆切

5月14日(土)10:30〜14:00 〆切

6月26日(日)10:30〜14:00募集中

 

【会場】Hasu no hana 

大田区鵜の木1-11-7

●10:30-からのコースは、多摩川駅(東急東横線・多摩川線)で待ち合わせし、土手で植物を採取した後に電車で2駅移動します。※講座料とは別に電車代130円がかかります。

 

【持ち物】ハサミ(ない場合は貸出し可能)、ビニール袋(摘んだ花を入れます)

 

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom

サンプル画像 4枚

          

 

◉4/30(土)18:30〜20:30 締め切りました。

trensa コラボ『スズランを贈る』& ルームスプレー

 

フランスでは5月1日にスズランを贈られた人に幸せ訪れると言われ、親しい人に贈る習慣があります。

この講座では、スズランをメインに、この季節にしかない野の草花をオアハカで作られたぬくもりある

trensaの小さな籠にアレンジを作ります。

ルームスプレー作りでは、アロマを使い、美しいだけではなく植物のもう1つの魅力に触れていただきます。※trensa(トレンサ)とはオアハカ(メキシコ)の手仕事を紹介しているブランドです。

          

 

◉5/14(土)・6/26(日)10:30〜14:00 

『好みの器にいける』or『竹のシャンデリア』

 

”つみくさ”ワークショップの醍醐味である、多摩川土手に出て草や花を摘むところ

から体験します。この講座は、ご自宅から器を持ってきていただき、ひとり1人

特別なアレンジを作ることができます。事前に器の画像をメールでお送りいただき、

講師がそれぞれの器の個性をいたしたデザインも提案いたします。

竹のシャンデリアを選んだ方は、器を作りから行うとってもスペシャルな内容と

なります。

画像はイメージで、少し大きなものになります。講座で作るのは17cm程の小さな

シャンデリアを作りますよ。

 

ワークショップで作れる黒竹のシャンデリアの 詳細です。 アジアンバロックな黒竹のシャンデリアに、 野の草花とオーガニックフラワーを アレンジしてゆきます。 同じ種類の植物であっても、同じ形の植物は一つとしてないのは、私達の個性と重なるところがありますね! 作った人の個性がよく出るアレンジメントになります!! そして、この花器はお正月のお花としても使用できます。テーブルの上や、玄関に、そのまま飾っても、紐で吊るしても可愛らしいです。 画像は見本です。実際はこれより小さく、サイズは直径 17cmくらいのものを作

ご予約フォーム

詳細が無事送信されました!

●お問い合わせの方はメッセージ欄にご記入ください。

●送信後に折り返し振込先のご連絡をいたします。

※携帯メールアドレスは受信設定をご確認ください。

※申込より3日経っても返信がない場合、メールアドレスが

誤入力の可能性があります。その場合は再度こちらから

お申し込みください。⇒hasucafe@sw.sub.jp

●事前に銀行振込が必要となります。返信メールにて

お知らせします。

●一部資材を準備するため4日前からキャンセル料が発生

いたします。

4日前から 50% 当日100%