Gallery Hasu no hanaでは、2017年11月25日~12月3日まで当ギャラリー

初めての紹介となる倉谷卓の展覧会『photographic Violence』を開催いたします。

 

日本写真芸術専門学校を卒業後、数々のコンペで受賞。

2011年塩竈フォトフェスティバル2011写真賞では大賞を受賞し、

その受賞作は2年後、写真集「カーテンを開けて」として、出版されています。

「カーテンを開けて」では、身体障害者であった父親の死をきっかけに、

父親の持ち物、共に暮らした家、母親や写真家自身の中に息づく父親の名残を写真

に収めることで、父親に抱いていた複雑な思いと対峙しながら、家族とは、また、

記憶、記録、写真とは何か?を静かに問いかけています。

 

近年では、他者が何らかの目的のために撮影した写真を複写したり、SNSなどを通

じ投稿(発表)された画像を扱うなどの手法で、作品を発表してきました。

デジカメ、携帯電話の普及により誰もが写真を手軽に撮影し、編集し、SNSなどで

発表することが可能となった今、写真を撮ることや、発表することの意味は、もはや

目を瞑ることはできないほどに変化しています。これらの文脈から、社会の中でどう

写真が扱われ、捉えられているか、写真家はどうリアクションすべきか。倉谷は

やはりここでも写真とは何かを、見る者に突きつけてきます。

 

本展では、SNSに投稿された写真と関わる中で顕在化される様々な「暴力」を

キーワードに制作した2つのシリーズの新作を発表いたします。

 

※下記画像は旧作を含んで紹介しています。

 

 

 

2017 / 11/25 - 12 / 3

倉谷卓展『photographic Violence』

 

会期:2017年11月25日(土)~11月3日(日)

時間:月・火・土・日 12:00~18:00

水・金 15:00〜22:00

木曜日休み

入場料:400円 高校生以下無料

© 2023 by L i l o u   P a p e r i e. Proudly created with Wix.com

このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はHasu no hanaに帰属します。

                            ©Hasu no hana