蚊帳の中に横たわり、その深い青緑色の境界線を眺めていると渺茫たる奥行きが浮かぶ
川のこちら側に居る時、向こう側はとても広いし 鳥居のこちら側にいる時、あちら側は果てしない

 

Hasu no hanaでは2016年7月9日~19日まで、立原真理子の当ギャラリーでは2年ぶりの2回目個展

『帳と青』を開催いたします。
近年の立原の作品は、空間を隔てる戸でありながらも、透ける、空気や光を通す、などその境目が曖昧である「網戸」を支持体とし、刺繍糸で風景を描いています。

個々の独立した風景は、網戸越しに風景を重ね、そこに新たな時空の境目や奥行きを映し出します。
本展では蚊帳を用いた新作を発表いたします。その形態上これまでにはなかった領域が現れ、それは同時に体感へと誘導し、立原のテーマである「内側と外側」「彼岸と此岸」「時間」といった風景の中の境目の在り方をより深く探ってゆきます。

 

 

 

※画像の全てが出展されるわけではありません。2014年時の会場写真や他の展覧会会場の作品を含んでおります。

 

 

 

 

立原真理子 展

『帳と青 』

2016/7/9-19

会期:2016年7日9日(土)~19日(火)

時間:月・火・土・日 12:00~18:00

水・金 15:00〜22:00 

定休日:木曜日

入場料:400円

その他:併設カフェあり

作品購入の場合は、入場料を返金いたします。

帳と青

帳と青

帳と青 部分

帳と青 部分

過去作品参照

過去作品参照

© 2023 by L i l o u   P a p e r i e. Proudly created with Wix.com

このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はHasu no hanaに帰属します。

                            ©Hasu no hana