​コロナの感染拡大防止のため、7月はアポイント制、8月、9月に通常会期を設けます。日程は状況を見て決定いたします。

photo by : tatsuhiko nakagawa

寺村サチコ展 「花と在り香」 

 日程:2020年7月15日(水)〜 10月14日(水)

→現在完全予約制。予約可能日時は予約ページで

​ご確認ください。

→予約不要の通常会期9月5日(土)〜11日(金)

→通常会期決定!! 8月3日(月)〜8月9日(日)

→ 7月アポイント制。通常会期以外は完全予約制。

※9/5 16時30分からはイベント予約者のみ。
​月・火・土・日 12時〜18時 

水・金 15時〜21時

入場料:500円

場所:品川区戸越5-8-19

✴︎東急大井町線「戸越公園」駅より徒歩2分。
✴︎都営浅草線「戸越」駅より徒歩10分。

企画:Hasu no hana

​問い合わせ:hasucafe@sw.sub.jp 

Hasu no hanaでは、2020年7月15日〜まで、私方ギャラリーでは4回目となるの個展を開催いたします。

寺村サチコは、学生時代より型染め、絞り染めを応用したテキスタイル技法で、”女性”をテーマに作品を制作発表してきました。2012年に多摩美術大学大学院を卒業してアーティストの活動も9年目となり「これが寺村サチコである」という表現を確立しつつも、展覧会を重ねる上で、制作技法や素材への着目・再発見、自身の経験や作品が引き起こす他者への記憶に触れることで、すこしづつ変化が現れています。近年では生命全体の持つ不思議さ、表裏、感覚や記憶のありかを作品を通じて探っています。

 

2020年様々な意見はあるものの否応なしに東京の街はオリンピック一色に染まるはずだったはずだが、現実はコロナのパンデミックの影響により、現在外出すればマスクをしているのが当たり前となり、想像していた日常とはだいぶ異なった状況にある。

マスク着用の有無に始まり、WHOのマスク方針や、日本政府の配布したマスクなど、

マスク論争がさまざまありネガティブな印象を持つ人も少なくない。

「花と在り香」で寺村サチコは、このコロナ禍における社会状況から マスク着用 をポジティブに考えるための仕掛けとして、臭いを想起させる植物に着目しマスクをつけることの必然性を作品に与える。

モチーフの一つであるショクダイオオコンニャクは世界屈指の巨大な花で、腐肉のような悪臭を放つことで知られている。むろん実際にそれらの立体物から臭いはしないが、もしそれから臭いがしたら……
嗅覚は記憶と密接に関わると言われている。それらの臭いを想像することで何を考えるのか、一つの実験でもある。

移転前の2013年〜2018年の鵜の木・Hasu no hanaでの寺村サチコの展覧会の様子です。

寺村サチコアクセサリー Quguri通販ページ。

写真をクリックでページに飛びます。

​​展覧会関連イベント   9/5(土)  16時30分〜18時
香りと記憶を考察するイベントです。

研究員:アーサー・ファン(アーティスト/脳科学者)
   :寺村サチコ & 参加者募集しています。

香と記憶の研究室

香と記憶の研究室

在庫なし

© 2023 by L i l o u   P a p e r i e. Proudly created with Wix.com

このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はHasu no hanaに帰属します。

                            ©Hasu no hana

Quguri通販ページ

Go to link