三橋昭 麒麟模様の馬を見た

三橋昭 麒麟模様の馬を見た

発売日 : 2020/8/24

単行本 : 176ページ  サイズ:21 x 15 x 1.1 cm

出版社 : メディア・ケアプラス

 

レビー小体型認知症の人が見るいわれている幻視への考え方が覆る衝撃の本!
「動物、花、人、迷路、建物・・・時には未知の記憶も出現する幻視。毎朝ぼーっと現れ、瞬時に消えてしまう 幻視の記録と、病気へのメッセージ。私は毎朝が楽しみなのです。そして、本書で多くの方に伝えたいこと、それは認知症になっても、負のイメージで認知症と付き合わなくても大丈夫だなあという実感です」こう語る、レビー小体型認知症本人の三橋昭さん。
著者が毎日見ている「幻視の世界」が本書に満載されている。そこには"これまで考えられていた幻視"とは異なる世界が広がる。

 

著者について

三橋昭

1949年東京都世田谷区生まれ。
東京都立大学附属高等学校卒業後、映画の世界を目指し、映画の助監督になる。
その後会社員、自営業を経て、指定管理者制度のもと区立図書館の館長を務め現在に至る。
2019年、レビー小体型認知症と診断され、幻視が見える日々が続く。今のところ、認知機能の低下はほぼなく、図書館にも勤務し、普通の日常生活を送っている

  • Hasu no hanaネット限定でポストカードプレゼント!

    〜9/2まで三橋昭 幻視展「麒麟模様の馬を見た」開催中。
    会場で販売している、ポストカードを一枚プレゼントいたします。
    すでに400枚近くの幻視イラストを描いている三橋さんが、気に入っているイラストで、デザインも自分で行い、ポストカードを作っております。

  • 出版社からのコメント

    レビー小体型認知症は、記憶障害があまり目立たず、記憶以外の認知機能(注意、遂行機能、視空間認知など)の障害やパーキンソニズム、自律神 経症状が目立つタイプの認知症です。具体的な繰り返される 幻視はレビー小体型認知症の大きな特徴です。
    本書はこれまでのレビー小体型認知症の人が見るいわれている幻視への考え方が覆る衝撃の本!

  • 三橋昭さんと、担当主治医の森さんにインタビュー!!

    喫茶いばしょ(認知症の方がスタッフとなり、実店舗オープンを目指しつつ、月一で喫茶をオープンしている)のオープン日に、著者 三橋昭さんと、喫茶いばしょのオーナーであり、三橋昭さんの担当主治医である森友紀子さんにお話を伺いました。

    どのように幻視が見えているか、レビー小体型認知症を受け入れるまで、本を出版する経緯い、一般的なレビー小体型認知症の豆知識などなどのお話を伺っています。 約50分ほどの内容です。

    トークショーを視聴する。

     

     

     

     

¥1,600価格

© 2023 by L i l o u   P a p e r i e. Proudly created with Wix.com

このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はHasu no hanaに帰属します。

                            ©Hasu no hana