多摩川オープンアトリエ2017

 

【開催概要】

町工場が多く、ものづくりの町として知られている大田区。

ここ数年では、大きなアーティストのアトリエなどもオープンし、

大田区のアート事情に新しい風が少し吹き始めています。

しかし、大田区は美術館が少なく、またコンテンポラリーアート

系のギャラリーはまだまだ少ない現状にあります。

 

多摩川線鵜の木駅、Gallery Hasu no hanaが2011年に開廊すると、そこを通じて、近隣で活動するアーティストの点と点がつながりはじめました。そして組織的なものを作らず、アーティストがそれぞれ自主的に参加し、制作場を公開したり、作品を発表する形で、2015年11月に多摩川オープンアトリエを初開催しました。

 

今年は12月上旬、幅広くものづくりという観点から、おおたオープンファクトリーとも連携したり、アーティスト同士でコラボをする形で開催いたします。

 

【開催日】2017年12月9日-10日 

【時間】12時〜18時

【窓口】Hasu no hana  大田区鵜の木1-11-7

        or くりらぼ多摩川 大田区矢口1-21−6

【参加費】500円

 

【参加】多摩川線4駅5箇所で開催。

多摩川駅・市川平(特殊照明作家)、松本力 (絵かき/映像[アニメーション]作家)

沼部駅・鈴木侑馬(シルクスクリーン)

鵜の木駅・長坂絵夢(鉄アーティスト)in Hasu no hana

sundiy 岡真由美(建築家)& 佐々木文美 (舞台美術)

武蔵新田駅・新垣美奈(painter)、臼井良平(アーティスト) in くりらぼ多摩川 

 

訪問ダンス:福留麻里(ダンサー/振付家)

 

 

◉2015年多摩川オープンアトリエ 福留麻里 訪問ダンス in 松本力個展『SoItGose』

© 2023 by L i l o u   P a p e r i e. Proudly created with Wix.com

このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はHasu no hanaに帰属します。

                            ©Hasu no hana