おひねりプロジェクト報告【志村冬佳展】『Dolls』

おひねりプロジェクトの報告です。 志村冬佳展『Dolls』 2012/10/7-28 木曜定休日&休み除く 会期18日間でおひねりいただいた総額は 37,190円となりました。 12,280円をDM印刷費として、 7,473円を宣伝費の一部として、 17,437円を搬入搬出費、作家交通費の一部に当てさせていただく ことにいたしました。 おひねりいただいた皆様本当にありがとうございました。 今回感じたことをひとつ。 おひねりプロジェクトは会場の片隅でひっそりとおりねりを入れる 瓶をおき『展覧会がよかったら、そのお気持ちのおひねりをお願いします』 みたなことくらいしか書いていません。 近くには、おひねりプロジェクトの主旨、展覧会毎の報告をプリントアウト したものを置いています。 それに目を通す方より、通さない方の方が圧倒的に多いです。 それでもみんな『展示を見れてよかった』という気持ちを表してくれます。 今回、志村さんの職業柄学生も多くいらっしゃまいしたが、その方達も 自発的におひねりをしていた方が多かったのです。 それは私にとって驚きでした。 でももしかしたら美術館以外の場所での展覧会というものに、 何の先入観もない彼らの判断 (作家を応援したいから、作品から何かを感じることが出来たから) はある意味、率直で自然なのかもしれない、と。 そうしたら、なんだかおひねりプロジェクトは実に、 健全な形で展覧会を開催できているのではないか、と思うのでもありました。

おひねりプロジェクト報告【市原悠輔展】『大人noおもちゃ』

おひねりプロジェクトの報告です。 市原悠輔展『大人noおもちゃ』 2012/9/2-26 木曜定休日&休み除く 会期19日間でおひねりいただいた総額は 42,143円となりました。 12,170円をDM印刷費として、 12,000円を展示準備費として、 9,071円を展示運営費&宣伝費の一部として 8,902円を搬入搬出費の一部に当てさせていただくことにいたしました。 市原悠輔展ではおひねりプロジェクト初の作品参加型でした。 おひねりしていただいた後に、作家が用意した旗をひとつ選んで、 好きなところにつけていく。 最終日に、旗を完全にフィックスし、そこで作品が完成! 予想以上の反響に、最終日に旗が足りなくなってしまいましたが、 市原さんと、おひねりプロジェクトに参加、賛同してくれた方々の 気持ちがたくさん、たくさんはためきました。 搬入初日、寂しかった銭湯の煙突の作品は、最終日は、会場のどの作品より 華やかで来場者の目を楽しませておりました。 ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。 市原悠輔さんよりメッセージいただいております。 -------------------------------------------------------- 今回、参加型おりねりプロジェクトに参加いただいた皆様へ 今回、展覧会をさせていただきました市原です。 皆様に参加いただいたプロジェクトは、26日の終演時には まるで未来の希望のようにハタメイテいました。感無量です。 ありがとうございました。 最後の一枚は、3歳

Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us

© 2023 by L i l o u   P a p e r i e. Proudly created with Wix.com

このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はHasu no hanaに帰属します。

                            ©Hasu no hana